住宅ローン控除とは?確定申告に必要な書類も併せて解説 / 中務総合マネジメントサポート

中務総合マネジメントサポート > 確定申告 > 住宅ローン控除とは?確定申告に必要な書類も併せて解説

住宅ローン控除とは?確定申告に必要な書類も併せて解説

住宅ローン控除とは、マイホームの新築等で組んだ住宅ローンの残高に応じて所得税額を控除できる仕組みのことです。

これから住宅ローンの契約をしようと考えている方や、すでにローンを持っている方はぜひ知っておきたい控除制度です。どんな要件を満たす必要があるのか、どんな書類を準備しないといけないのか、当記事では住宅ローン控除を利用する上で知っておきたい基礎知識を紹介していきます。

 

住宅ローン控除とは

「住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)」とは、マイホームの新築や取得、あるいは増改築を理由に組んだ住宅ローンについて、その残高をもとに算出される金額を所得税額から控除できる仕組みのことです。

 

控除できるのは、住宅ローンの年末残高に一定の割合を乗じた金額です。ただし控除限度額が定められていますので、年末残高が非常に大きな場合でも控除できる額は一定のところで頭打ちとなります。

 

それでも20万円や30万円程度の税額控除が受けられる、効果の大きな制度ですので、要件を満たす場面であればぜひ利用しておきたい制度です。

 

住宅ローン控除の種類と適用要件

住宅ローン控除にはいくつか種類があり、それぞれ要件、控除額なども異なります。

 

例えば次の5つに区分することができます。

 

  1. 住宅の新築または新築住宅を取得したときの住宅ローン控除
  2. 買取再販住宅を取得したときの住宅ローン控除
  3. 中古住宅を取得したときの住宅ローン控除
  4. 増改築等をしたときの住宅ローン控除
  5. 要耐震改修住宅を取得し、耐震改修を行ったときの住宅ローン控除

 

①と②の場合、居住し始めた年や住宅の性能に応じて、借入限度額は2,000万円~5,000万円、控除期間は10年間~13年間と定められています。控除率については一律で0.7%で、所得2,000万円以下であることや床面積が50㎡以上であることが要件となっています。また、控除限度額も14万円~35万円と定められています。

 

③の場合、借入限度額は2,000万円または3,000万円。控除期間は一律10年間と定められています。控除率や所得および床面積の適用要件は①と②同様です。ただし控除限度額は14万円~21万円と定められています。

 

④と⑤の場合、借入限度額は2,000万円で、控除率、所得および床面積の適用要件は①②③同様。控除限度額は14万円です。

 

住宅ローン控除の適用を受けるための手続

住宅ローン控除の適用を受けるには、確定申告に合わせて所定の手続を行う必要があります。自動で勝手に控除が適用されるわけではありませんので注意しましょう。

 

また、初年とその翌年以降で必要な手続が異なります。給与所得者でも初年は確定申告書を作成して、必要書類を添付して税務署に提出する必要がありますが、翌年以降は年末調整を行うだけで控除の適用を受けることができます。

 

必要書類

必要書類として、少なくとも次の書類・資料は準備しないといけません。

 

  • (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書
  • 住宅の全部事項証明書
  • 住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書
  • 売買契約書または工事請負契約など、取得等の対価の額を証明する書類

 

他にも住宅ローン控除の種類によって追加で求められる書類がいろいろあります。

 

例えば「認定長期優良住宅」や「低炭素建築物」「特定エネルギー消費性能向上住宅」などの区分別でそれぞれ必要な書類が違います。

認定長期優良住宅であれば、都道府県または市区町村等からの「認定通知書」の写しと、「住宅用家屋証明書」または建築士等が発行する「認定長期優良住宅建築証明書」などが必要になります。

 

状況に応じて準備内容が変わってきますので、税理士など住宅ローン控除に詳しい専門家に事情を伝えて、何が必要なのか、何をしないといけないのか、そもそも住宅ローン控除の適用は受けられるのか、といったことを聞いておくと良いでしょう。

当事務所が提供する基礎知識

  • 寄与分が請求できるケース

    両親の事業を無償で手伝っていた息子と、会社に勤めていて一人暮らしをしていて実家に全く帰ってこない娘がいたとして、この二人...

  • 家族信託と民事信託の違い

    家族信託や民事信託は法的な正式名称ではありません。基本的には民事信託と呼ばれることが多く、民事信託の中でも家族のような親...

  • 特別受益者がいる場合の相...

    結婚資金や商売の開業資金、マイホームの建築資金などを被相続人から支援してもらい、被相続人の生前に経済的な利益を受けた場合...

  • 経営セーフティ共済(中小...

    中小企業のセーフティーネットとして、経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共)があります。経営セーフティ共済(中小企業倒産...

  • みなし相続財産とは

    被相続人の死によって、生命保険金や死亡退職金などを受け取ることができ、被相続人の財産の一部となるものがあります。これを「...

  • 相続人調査

    相続人を確定するために、遺産の調査と並行して、戸籍の調査を行う必要があります。相続人を確定するためには、被相続人が生まれ...

  • 兄弟には遺留分が認められ...

    遺留分とは、法定相続人が最低限相続することができる財産のことをいいます。仮に、遺留分が侵害された場合には、遺留分侵害額請...

  • 事業計画書の作成

    事業計画書とは、事業資金を調達するために必要となる書類のことです。事業計画書には、会社の今後のビジネスの展開を書くことに...

  • 個人事業主が法人化するメ...

    法人化とは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人成りには、...

  • 家族信託が活用されるケー...

    相続において家族信託は非常に有効に活用することが可能です。例えば、これまでは財産承継に関して何らかの意思を遺していく場合...

よく検索されるキーワード

公認会計士・税理士のご紹介

経営のサポート役として、あなたの夢の実現を支援します。

クラウド会計の発達や経理の自動化など、技術革新が目まぐるしく、「生産性」を常に追い求める必要があります。

そこで大阪府八尾市の中務総研では、貴社/貴事業の業務効率化を支援します。

その中で『数字』をもって経営を表現し、税務も含めてコントロールできることをご提案いたします。

中務公認会計士の写真
公認会計士・税理士
中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所属団体等

公認会計士協会

税理士会

八尾商工会議所

ごあいさつ

あなたは何のために仕事をしていますか。生活の糧を得る、というのも一つの答えでしょう。

でもそれだけですか。事業を開始する時には、「このようなことをしたい」「こうなりたい」という夢があったはずです。現状と夢で描いた理想とのギャップを把握し、よりよい将来につなげるために、なんでもご相談ください。

プロフィール

昭和54年生まれ・大阪府八尾市出身

平成14年 関西大学経済学部卒業
同年10月 公認会計士第2次試験合格、会計士補登録
平成14年 朝日監査法人(現、あずさ監査法人)入社
平成18年

公認会計士第3次試験に合格し、公認会計士登録

公認会計士として監査業務、コンサルティング業務の幅広い経験を積む

平成27年

日本電産株式会社経理部へ出向

管理会計・利益管理・事業計画策定等の業務を2年間経験

出向満了後、あずさ監査法人を退職し税理士登録

平成29年 中務総合研究所を独立開業

事務所概要

名称 中務総合マネジメントサポート
所属団体等 公認会計士協会、税理士会、八尾商工会議所
代表者 中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所在地 〒581-0018 大阪府八尾市青山町2-3-3 サニーコート青山503号
電話番号/FAX番号 TEL:090-4648-0876 / FAX:072-940-6404
対応時間

平日9:00~21:00

※ご予約いただければ時間外の対応も可能です

定休日

土・日・祝

※ご予約いただければ土日祝も対応が可能です。

ページトップへ