源泉徴収票とは?発行が必要なケースや書き方について / 中務総合マネジメントサポート

中務総合マネジメントサポート > 確定申告 > 源泉徴収票とは?発行が必要なケースや書き方について

源泉徴収票とは?発行が必要なケースや書き方について

従業員の給与や納税額等を記載した源泉徴収票は、その従業員にとって重要な資料です。企業には作成が法的に義務付けられており、毎年従業員には発行を行うこととなります。

 

作成業務に慣れていない方からすると、そもそも何を記載する書類なのか、どうやって作成すればいいのかが分からず悩むこともあるでしょう。当記事ではそのような方に向けて簡単に源泉徴収票のことを説明していきます。

 

源泉徴収票とは

そもそも「源泉徴収」とは、給与にかかる所得税をあらかじめ徴収しておくことを意味します。納税義務者が毎年所得を計算して所得税を申告・納税するのが原則ですが、企業に勤める従業員については企業側が源泉徴収を行い、申告や納税手続を代わりにする仕組みとなっています。

 

そして源泉徴収票は、1年を通して徴収されてきた税額、その他1年間の給与やその他控除等の情報がまとめられた書類です。

 

従業員からすれば年収などを証明する資料として活用できますし、確定申告が必要な方にとっても税金の計算をするために役立つ重要な資料となります。

 

源泉徴収票の発行が求められるケース

源泉徴収はあくまで予測に基づく税金の前払いであるため、1年間実際に働いた結果、本当に納めるべき税額とズレが生じることもあります。残業や欠勤、さまざまな事情で毎月の給与は変動することがあるからです。

 

そこで源泉徴収してきた税額と本来の税額とのズレを修正する「年末調整」も毎年行います。少なくともこのタイミングで源泉徴収票を従業員に対して発行することとなります。その他にもいくつか発行するタイミングがありますので、以下にまとめます。

 

源泉徴収票を発行するタイミング

年末調整後

年末調整の計算をした後、年末から1月にかけて発行を行うことが多い。作成した源泉徴収票は以下の各所へ提出が必要。

・従業員に1

・税務署に1

・市区町村に2

退職をするとき

退職した従業員に対して企業は源泉徴収票を発行しないといけない。最後の給与等の額が定まったタイミングで発行するため、おおむね退職から1ヶ月後となる。退職時に発行する源泉徴収票は、1年分ではなく「その年の11日~退職時点まで」の分を記載する。

収入証明が必要なとき

住宅ローンや自動車ローンなどの審査時、保育園への入園時など、収入の証明が必要な場面で従業員から発行を求められる。

 

なお、源泉徴収票は書面で(紙で)交付するのが基本ですが、事前に承諾を得ているなど一定の要件を満たせば電子交付とすることも可能です。

 

源泉徴収票の書き方

源泉徴収票を作成するとき、次の事柄を記入していくこととなります。

 

  • 従業員の基本情報
  • 支払った給与や源泉徴収税額等
  • 配偶者や扶養親族等
  • 社会保険料等の金額

 

以下で、源泉徴収票の書き方の基本をまとめていきます。

 

従業員の基本情報の記入する

まずは源泉徴収票トップに記入欄が設けられている「支払いを受ける者」についてです。

 

この欄に関しては特に悩むこともないでしょう。フリガナ付きで氏名を記入し、その他住所やマイナンバーも書いていきます。

 

役員に対しては役職名、その他管理職であれば「〇〇部長」などの肩書も併せて記入しましょう。

 

支払った給与や源泉徴収税額等の記入する

続いて以下の欄につき、それぞれ記入を進めていきます。

 

  1. 種別
    「給料」や「収入」など、支払ったお金の種類を記入。
  2. 支払金額
    源泉徴収される前、各種控除等も差し引く前の、給与の総額を記入。
  3. 給与所得控除後の金額
    ②から給与所得控除の額を差し引いた金額を記入。支払金額の大きさに対応して、55195万円を差し引くことができる。
  4. 所得控除の額の合計額
    各種所得控除の額の合計を記入。医療費控除や障害者控除、配偶者控除、基礎控除など様々な種類がある。
  5. 源泉徴収税額
    源泉徴収してきた税額の合計額を記入する。

 

上の③から④を差し引いた値が課税所得となり、これを基に所得税が計算できます。

 

配偶者や扶養親族等の記入する

配偶者など、家族構成が税額の影響することもあるため、以下の欄についても埋めていきます。

 

  • (源泉)控除対象配偶者の有無等・配偶者(特別)控除の額
    所得が一定額以下であるなど一定の条件を満たす配偶者がいるかどうかを記入。控除の額も併せて記入。
  • 控除対象扶養親族の数(配偶者を除く。)
    配偶者以外の、扶養親族であって控除の対象になる人物の数を記入。
  • 16歳未満扶養親族の数
    扶養控除の対象外ではあるが、16歳未満の家族についても人数を記入。

 

その他、必要に応じて「障害者の数(本人を除く。)」や「非居住者である親族の数」なども記入していきます。

 

社会保険料等の金額を記入する

続いて、給与から天引きしていた健康保険料、厚生年金保険料などの合計額を「社会保険料等の金額」の欄に記入します。

 

さらに、従業員個別に加入している保険等があるときは「生命保険料の控除額」「地震保険料の控除額」「住宅借入金等特別控除の額」などの欄も埋めていく必要があります。従業員から受けた申告内容に応じて、具体的な金額を記入します。

 

金額の記載ミスには要注意

企業には源泉徴収票の作成義務が課されていますが、ただ作って渡せば良いものではありません。金額を多少間違えても企業にダメージはないかもしれません。しかし従業員にとっては重大な問題となることもあります。

 

そのため1円のミスもないよう、慎重に作成作業を進めていくことが必要であり、社内でチェック体制を整備することも大事です。「書き方が合っているのかわからず不安」「業務が忙しくなかなか作成作業が進まない」などの問題を抱えているときは専門家にも相談して解決を図ると良いでしょう。

当事務所が提供する基礎知識

  • 家族信託と民事信託の違い

    家族信託や民事信託は法的な正式名称ではありません。基本的には民事信託と呼ばれることが多く、民事信託の中でも家族のような親...

  • 個人事業主が法人化するメ...

    法人化とは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人成りには、...

  • 赤字決算の場合の法人税は...

    法人の場合には、任意の事業年度での利益に応じて法人税を納税しなければなりません。法人が納税する税金は国税である法人税をは...

  • 相続法(民法)の改正につ...

    平成30年7月6日に民法の一部を改正する法律が成立しました。相続法は、40年間もの間、大きく改正されることがありませんで...

  • 特別受益者がいる場合の相...

    結婚資金や商売の開業資金、マイホームの建築資金などを被相続人から支援してもらい、被相続人の生前に経済的な利益を受けた場合...

  • M&A・事業承継

    まず、M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、「企業の合併と買収」のことをいい、事業承継も...

  • 寄与分の時効とは?

    寄与分とは、共同相続人のうち被相続人(故人)の財産の維持又は増加について特別の貢献をした相続人にその法定相続分に寄与分を...

  • 家族信託が活用されるケー...

    家族信託は財産管理の手法として非常に画期的なツールです。家族信託はその効力を発揮させる際には当事者同士で契約を締結させる...

  • 経営計画の実行サポート

    当所では経営計画の実行サポートを行っております。経営計画を策定できていたとしても、実行まではなかなか完璧には出来ないもの...

  • 税務調査とは?どこまで調...

    税務調査は、毎年行われる確定申告に対し、申告内容が正しいかどうかを税務署が調査することを指します。日本においては、法人税...

よく検索されるキーワード

公認会計士・税理士のご紹介

経営のサポート役として、あなたの夢の実現を支援します。

クラウド会計の発達や経理の自動化など、技術革新が目まぐるしく、「生産性」を常に追い求める必要があります。

そこで大阪府八尾市の中務総研では、貴社/貴事業の業務効率化を支援します。

その中で『数字』をもって経営を表現し、税務も含めてコントロールできることをご提案いたします。

中務公認会計士の写真
公認会計士・税理士
中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所属団体等

公認会計士協会

税理士会

八尾商工会議所

ごあいさつ

あなたは何のために仕事をしていますか。生活の糧を得る、というのも一つの答えでしょう。

でもそれだけですか。事業を開始する時には、「このようなことをしたい」「こうなりたい」という夢があったはずです。現状と夢で描いた理想とのギャップを把握し、よりよい将来につなげるために、なんでもご相談ください。

プロフィール

昭和54年生まれ・大阪府八尾市出身

平成14年 関西大学経済学部卒業
同年10月 公認会計士第2次試験合格、会計士補登録
平成14年 朝日監査法人(現、あずさ監査法人)入社
平成18年

公認会計士第3次試験に合格し、公認会計士登録

公認会計士として監査業務、コンサルティング業務の幅広い経験を積む

平成27年

日本電産株式会社経理部へ出向

管理会計・利益管理・事業計画策定等の業務を2年間経験

出向満了後、あずさ監査法人を退職し税理士登録

平成29年 中務総合研究所を独立開業

事務所概要

名称 中務総合マネジメントサポート
所属団体等 公認会計士協会、税理士会、八尾商工会議所
代表者 中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所在地 〒581-0018 大阪府八尾市青山町2-3-3 サニーコート青山503号
電話番号/FAX番号 TEL:090-4648-0876 / FAX:072-940-6404
対応時間

平日9:00~21:00

※ご予約いただければ時間外の対応も可能です

定休日

土・日・祝

※ご予約いただければ土日祝も対応が可能です。

ページトップへ