特別縁故者 とは / 中務総合マネジメントサポート

中務総合マネジメントサポート > 財産算定(相続財産の算定)に関するキーワード > 特別縁故者 とは

特別縁故者 とは

  • 特別縁故者とは|条件や相続税の計算方法など

    相続において、特別縁故者の存在は非常に重要になってきます。特別縁故者とは一体どのような関係の人であり、特別縁故者の相続における計算方法はどのようなものがあるのか、以下に解説していきます。 〇特別縁故者とは特別縁故者とは亡くなった被相続人の法定相続人ではないが、特別親しい関係にあった方のことをいいます。原則として相...

  • 財務分析の実施について

    財務分析とは、決算書などの財務諸表の数値を使って、企業の経営などを分析することをいいます。財務は会社の経営状態を測る一番の物差しになる指標です。経営コンサルティングを行うにあたっては、まずこの「財務分析」から行うことになります。この財務分析の結果を踏まえて、具体的なコンサルティングを行って経営改善につなげていきま...

  • 工場の生産性向上

    例えば、自動化を行うことによって生産のスピードが向上する可能性がありますが、その一方で確実性の低下や不良品の増加をしてしまっては、「生産性」が向上したとは言いにくいです。 工場の生産性を向上させるためには、ものづくりのスピードを向上することももちろんですが、従業員の残業を減らすなど人件費の削減も大きな要因となって...

  • 事業計画書の作成

    事業計画書とは、事業資金を調達するために必要となる書類のことです。事業計画書には、会社の今後のビジネスの展開を書くことによって、出資や融資を得やすくなります。しかし、事業計画書にどのようなことを書いたらいいのかということをお悩みの経営者の方は数多くいらっしゃいます。 事業計画書には、まず事業の目的や内容を記します...

  • 相続発生から手続きの流れ

    相続財産とは、故人の財産に属した現金や銀行預金など相続すれば財産上プラスとなる積極的な財産上の地位だけではなく、未払金やローン、借金など相続するとマイナスとなる消極的な財産上の地位を含めたものをいいます。 遺産の調査にあたって、その後の遺産分割協議や相続税の計算の基本的な資料となる財産目録を作成します。特に決まっ...

  • 法定相続分の算定

    遺留分とは、民法によって保障されている相続人に最低限認められる相続分のことです。 被相続人が相続分を指定しなかった場合などは、民法で定められたそれぞれの相続分を基準とします。これを「法定相続分」といいます。法定相続分は、各相続人によって異なり、まただれが相続人になるかによって変動します。 代襲相続者は、代襲相続さ...

  • みなし相続財産とは

    みなし相続財産とは、生前は財産として持っていなかったが、被相続人の死によって相続人がもらえる財産のことです。 被相続人が亡くなってから支払われることとなる死亡退職金や功労金、死亡保険金などは、相続税が課税対象となりますのでご留意ください。ただ、死亡保険金や死亡退職金には一定の非課税枠がありますので、ご不明な点がご...

  • 特別受益者がいる場合の相続財産の算定

    生計の資本とは住宅資金や開業資金のことをいいます。なお、学費の援助や生活のための仕送りなどは、特別受益に含まれません。 生前贈与は、被相続人の資産や収入、社会的地位を総合考慮してそれが特別受益になるか個別に判断されることとなります。ただし、遺贈はすべて特別受益として処理されます。 特別受益分は相続時に他の相続人と...

  • 家族信託とは

    「家族信託とはそもそもどのような制度かしっかりと説明を受けたい」といったご要望は、お気軽にご連絡ください。お電話でのお問い合わせも受け付けております。お一人でお悩みにならず、まずはお気軽にご相談ください。

  • 成年後見と家族信託の違い

    また、許可を仰いだとしても必ずしもとおるとは限りません。 一方で家族信託の場合には、契約内容に処分や運用の項目を盛り込むことで受託者が自由にそういった手段が可能になります。そのため資産を凍結状態にすることなく管理することが可能になるのです。 また、身上監護権については成年後見の場合にしか付与されていません。そのた...

  • 家族信託が活用されるケース(相続税)

    遺言ではこう言ったいわゆる二次相続は行うことはできませんでした。 一方で通常の相続のように遺留分減殺請求があった場合にはそれに従わなければならないとされています。しかし、これまでの制度ではできなかった部分を補うことが可能になったという点では大きな違いがあります。 中務総合マネジメントサポートでは大阪、奈良のほか近畿圏を中心に広...

  • 家族信託のメリットとデメリット

    またその他のメリットとしては、商事信託などとは異なり原則として手数料などが発生しないということがあげられます。そのため、誰でも簡単に活用することが可能となっています。 ・デメリット家族信託ではこれといって大きなデメリットは存在していません。しかし、活用の上では注意点が存在しています。その一つに受託者の責任が大きい...

  • 家族信託の手続きの流れ

    この際に家族信託を利用することになるとは限りません。財産管理などにはいくつかのツールが存在し、問題に対して家族信託が有効と考えられる場合に活用を検討します。 ・見積もり大まかな見積もりを行っていきます。 ・当事者の決定家族信託では主に委託者、受益者、受託者といった当事者が存在しています。この当事者の中でも受託者に...

  • 相続法改正による遺留分制度の見直し

    遺留分とは、一定の相続人に認められる最低限の遺産の相続を認める権利のことです。 遺留分制度については、平成30年7月6日に成立した「民法の一部を改正する法律」によって法改正が行われました。法改正によって、遺留分減殺請求権の行使によって生ずるとされた物権的効果を、遺留分侵害額に相当する金銭債権が生ずるとしたことによ...

  • 寄与分の時効とは?

    寄与分とは、共同相続人のうち被相続人(故人)の財産の維持又は増加について特別の貢献をした相続人にその法定相続分に寄与分を加えて財産を取得する制度です。 基本的には、寄与分の請求に時効はないとされています。ただし、以下のような流れで行われる遺産分割協議の中で寄与分を主張していくことが望ましいといえるため、寄与分の主...

  • 補助金と助成金の違い

    どちらも、資金調達などの融資とは異なり返済の必要がないということでは共通しています。 補助金は、経済産業省が、公益となる事業を促進するために支給するものです。 申請してももらえない可能性があり、コンペなどによる選考を突破する必要がある場合や、抽選や早い者勝ちになる場合があります。募集期間が決まっており、期間内に応...

  • 兄弟には遺留分が認められない?

    遺留分とは、法定相続人が最低限相続することができる財産のことをいいます。仮に、遺留分が侵害された場合には、遺留分侵害額請求を行うことによって回復することができます。 遺留分は、兄弟姉妹を除く法定相続人に認められる権利です(民法1042条)。なぜ、他の相続人に遺留分が認められているにもかかわわらず、兄弟姉妹に認めら...

  • 大阪市にお住まいで家族信託を検討されている方へ

    家族信託とは、自分が年を取って正常な判断がつかなくなったときに、自分の預貯金や財産を自分の家族に託して、デイサービスや介護施設への入所の契約などの契約の締結や財産の管理・処分を任せることです。 家族信託は、家族に自分の財産の運用を任せることから、弁護士などに任せるよりも費用を格段に安く済ませることができるのがメリ...

  • 相続税はいくらからかかるか

    基礎控除額は、「3000万円+600万円×法定相続人の人数」で計算され、基礎控除額に達するまでは課税対象とはならず、これを下回る場合には相続税の申告・納税をする必要はありません。例えば、法定相続人が4人である場合には、3000万円+600万円×4人=5400万円が基礎控除額となります。すなわち、相続財産が5400...

  • M&A・事業承継

    まず、M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、「企業の合併と買収」のことをいい、事業承継もM&Aの一部といえます。では、この事業承継は、どのような場合に行われ、どのようにして行われるのでしょうか。 事業承継とは、会社の事業の一部又は全部を他人に譲渡することです。この事業承継は、後継者...

  • 経営分析の仕方

    そもそも、「経営分析」とは、会社の損益計算書や貸借対照表などの決算書から、その会社の状況を分析することをいいます。この経営分析は、会社を運営していくうえで、重要な指針といえます。以下では、具体的にどのように経営分析を行なっていくのかを紹介致します。 経営分析は、会社の決算書を基にして行われますが、特に重要となるが...

  • 個人事業主が法人化するメリット・デメリット

    法人化とは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人成りには、節税効果などの様々なメリットがあります。近年、会社設立の際の最低資本金制限が撤廃されたこと、役員数の規制も緩和されたことを受け、多くの個人事業主様が法人化・法人成りを行い、そのメリットを享受して...

  • 相続税の時効は何年?

    まず、そもそも時効とは何かについてご説明します。時効とは、ある事実状態が一定期間継続した場合において、その権利の取得、喪失という効果を認める法律上の制度をいいます。例えば、お金を借りていた人に対して、貸主が10年間の間、返済の請求をしなかった場合には、このお金を貸主が返してもらえるという権利が消滅してしまいます。...

  • 赤字決算の場合の法人税はどうなる?

    そのため、個人事業主と違って法人は赤字だからといって税金がかからないということはありません。 赤字決算の場合でも法人税は支払わないといけないため、キャッシュフローを悪化させることがあります。法人税を支払う必要があるということも含めて事前に納税の準備をしましょう。 中務総合マネジメントサポートでは、大阪府や奈良県を中心に主に近畿...

  • 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共)のメリット・デメリット

    経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共)とは、中小企業の取引先が倒産をしてしまった場合に、売上が入らなくなってしまうことによって業績悪化、倒産することを防ぐために活用することが出来る制度です。経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共)の概要は以下の通りです。 〇無担保、無保証人で借り入れが可能通常融資を受けたりなど...

当事務所が提供する基礎知識

  • 兄弟には遺留分が認められ...

    遺留分とは、法定相続人が最低限相続することができる財産のことをいいます。仮に、遺留分が侵害された場合には、遺留分侵害額請...

  • 会社の形態

    会社の形態としては、「株式会社」、「合同会社」、「合資会社」、「合名会社」の4つがあります。このうち、「合資会社」と「合...

  • みなし相続財産とは

    被相続人の死によって、生命保険金や死亡退職金などを受け取ることができ、被相続人の財産の一部となるものがあります。これを「...

  • 経営分析の仕方

    そもそも、「経営分析」とは、会社の損益計算書や貸借対照表などの決算書から、その会社の状況を分析することをいいます。この経...

  • 相続人調査

    相続人を確定するために、遺産の調査と並行して、戸籍の調査を行う必要があります。相続人を確定するためには、被相続人が生まれ...

  • M&A・事業承継

    まず、M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で、「企業の合併と買収」のことをいい、事業承継も...

  • 相続税の時効は何年?

    相続税には、時効があります。この記事では、相続税の時効に関してご説明いたします。 まず、そもそも時効とは何かに...

  • 会社設立の流れ

    会社を設立するためには、まず会社の「憲法」である「定款」を作成する必要があります。この定款には、会社が「どこ」にあるのか...

  • 補助金と助成金の違い

    補助金と助成金は、国や地方自治体、民間の団体から支給されるお金のことです。どちらも、資金調達などの融資とは異なり返済の必...

  • 個人事業主が法人化するメ...

    法人化とは、個人事業主が株式会社や合同会社などの法人を設立し、事業を法人に変更することを指します。法人化・法人成りには、...

よく検索されるキーワード

公認会計士・税理士のご紹介

経営のサポート役として、あなたの夢の実現を支援します。

クラウド会計の発達や経理の自動化など、技術革新が目まぐるしく、「生産性」を常に追い求める必要があります。

そこで大阪府八尾市の中務総研では、貴社/貴事業の業務効率化を支援します。

その中で『数字』をもって経営を表現し、税務も含めてコントロールできることをご提案いたします。

中務公認会計士の写真
公認会計士・税理士
中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所属団体等

公認会計士協会

税理士会

八尾商工会議所

ごあいさつ

あなたは何のために仕事をしていますか。生活の糧を得る、というのも一つの答えでしょう。

でもそれだけですか。事業を開始する時には、「このようなことをしたい」「こうなりたい」という夢があったはずです。現状と夢で描いた理想とのギャップを把握し、よりよい将来につなげるために、なんでもご相談ください。

プロフィール

昭和54年生まれ・大阪府八尾市出身

平成14年 関西大学経済学部卒業
同年10月 公認会計士第2次試験合格、会計士補登録
平成14年 朝日監査法人(現、あずさ監査法人)入社
平成18年

公認会計士第3次試験に合格し、公認会計士登録

公認会計士として監査業務、コンサルティング業務の幅広い経験を積む

平成27年

日本電産株式会社経理部へ出向

管理会計・利益管理・事業計画策定等の業務を2年間経験

出向満了後、あずさ監査法人を退職し税理士登録

平成29年 中務総合研究所を独立開業

事務所概要

名称 中務総合マネジメントサポート
所属団体等 公認会計士協会、税理士会、八尾商工会議所
代表者 中務 徳浩(なかつか のりひろ)
所在地 〒581-0018 大阪府八尾市青山町2-3-3 サニーコート青山503号
電話番号/FAX番号 TEL:090-4648-0876 / FAX:072-940-6404
対応時間

平日9:00~21:00

※ご予約いただければ時間外の対応も可能です

定休日

土・日・祝

※ご予約いただければ土日祝も対応が可能です。

ページトップへ